まりもっこり日和

本・漫画・映画のレビューと日々のつれづれ。

二人組になれない私たち

作家・小野美由紀さんのワークショップ『身体を使って書くクリエイティブライティング講座』に参加。

そこで書いたフィクションを、以下に掲載します。

 

  「それでは、二人組を作ってください」

  体育や図工の授業、仕事のワークショップで、よく耳にする一言。私はこの言葉が嫌いだ。いつも、うまく二人組になることができずに、ぽつんと一人、立ち尽くす。そして、同じようにあぶれた一人と、しぶしぶペアを組むことになる。こいつと組むのか、という、相手からの無言の侮蔑を受ける。相手が私ですみませんね、と、私は心の中で懺悔する。

  「それでは、二人組を作ってください」

  月一回の営業研修、今回もまた、集団の中で、ひとり取り残された私は、一番後ろの席に座り、ひっそりと息を潜めていた。今回のペアワークは、三十分。営業マンと顧客のロールプレイング。同僚同士が繰り広げる茶番を、ぼーっと眺めていた。白熱する研修、大勢の中で一人位抜けても、おそらく誰も気づかない。こんなところにいるのもばからしいな、と思い、私は静かに部屋を抜け出した。

  研修フロアは五階、本社フロアは三階。ここなら誰もいないだろう、と思い、八階の喫煙所へと足を運んだ。ポケットから煙草とライターを取り出し、カチッと火をつける。ふぅーっと、深く、煙を吸い込む。研修中なのに、私は一体、何をしているんだろう。罪悪感が胸をかすめながらも、次の一本を手に取った。

   「あれっ、火がつかない……」 

  カチッ、カチッ。乾いた音が、静かな室内に響き渡った。しかたない、戻るしかないか。諦めて入り口のドアへと振り向いた矢先、見たことのある顔が目に飛び込んできた。

  「あ、お疲れさまです……」

  営業事務部の窓際社員・鈴木さんだった。彼は、入社二五年目の、四九歳平社員。前社長のコネで入社し、一時は課長にまで昇進したものの、現社長と諍いを起こして降格し、減給処分を受けた経緯を持つ。太っていて、おどおどした口調で、おまけに体臭もきつい。誰も、彼に近づこうとはしない。当社の『窓際社員』といえば、誰もが真っ先に彼の名前を出す。そんな存在だ。

  「火、分けてもらえませんか?」

   無意識のうちに、私は鈴木さんに声をかけていた。一瞬、はっと大きく目を開いて、鈴木さんはそっと私にライターを手渡した。

  カチッ、カチッ。シュッ。ふぅー。

  二本目の煙草の煙を、大きく吸い込んだ。

  カチッ、カチッ。シュパッ。

  隣で鈴木さんも、煙草を手に取り、火をつけた。

  沈黙。

  言葉を交わすこともなく、私たちはただ、煙の空間を共有していた。

  「火、ありがとうございました。お先に失礼します」

  二本目の煙草をもみ消して、私は入り口へと一歩踏み出した。

  「斎藤さん。二人組になんて、ならなくても良いんですよ」

  ぼそっとつぶやくように、鈴木さんは言った。私は、はっとして、思わず振り向いた。

  彼は一体、何を知っているのか。往年の窓際社員、蚊帳の外にいながらも、外側にいるからこそ、内部の人間模様を知っているのかもしれない。渦中にいながら、疎外されている私を、ただ外側から眺めているのかもしれない。実際のところは、わからない。 

  ただ、鈴木さんのその一言に、鼻の奥がつんとして、泣き出したい気持ちになった。どう受け取ったらいいんだろう。何を伝えたらいいんだろう。言葉を探したけど、わからないまま。

  「……ありがとうございます」

  苦虫を噛み潰したような、どこかはにかんだような、何とも言えない笑みを浮かべて、私は喫煙所を後にした。

f:id:marimoccoli:20171215074805j:image

 

※ワークショップ当日の様子はこちら↓
 

2018年1月、ワークショップの開催が決まったそうです。興味のある方はぜひ、ご参加ください。

 

 

書くことは、鉱脈を掘り当てること。

書くことは、人間という鉱脈を掘り当てる作業だと思う。

単に、頭の中で論理をこねくり回して、言葉を並べるのではない。

五感を研ぎ澄ませて、感じる。感じたものを、さらに深く、味わって、掘り下げていく。

掘り下げた先に、その人の光り輝くものが見えることもあれば、ゴツッとぶつかり、それ以上は掘り進められないこともある。

鉱脈を掘り当てる、果てしない作業。頭だけではなく、全身を駆使した、探索と表現。それが、書くということなのかもしれない。

 

そんなことを考えたのは、作家・小野美由紀さんの『身体を使って書くクリエティブライティング講座』に参加したことが、きっかけだった。

タイトルの通り、「身体を使って」「書く」ワークショップ。

前半のテーマは、「みんなで遊ぶ」。青剣さんのファシリのもと、背中合わせの鬼ごっこや、ブラインドウォークで身体を動かした。初対面の人同士の緊張感やぎこちなさが吹っ飛んで、童心にかえった。

後半は、いよいよライティング。 ここからのファシリは、みゆきさんにバトンタッチ。

「批判しない」「できなくていい」「好き、やりたいを大切に」という3つのルールの説明の後、ワークへ突入。

最初のお題は、「脳で遊ぶ」。

子どもの頃に書いた作品を再現する、ペアでの大喜利、タロットカードから文章を考える、音楽を聴いて文章を書く……これまでの「頭で考えて書く」とは全く違う、書く世界の扉を開いた。同時に、心が開放されていき、遊び心溢れる作品で、作業テーブルは埋め尽くされていった。

そして、次のお題は、作品執筆。テーマは、”記憶”。禅マップを書き、各々が自分の書きたいテーマを掘り下げ、言葉を紡ぐことに集中。

最後に、参加者全員の作品を発表。怒り、諦め、寂しさ、決意……これまでのワークからは見えなかった、一人一人の内に秘めた、キラリと光り輝くものが表れていた。

一つの作品の中に、子どもと大人、自分と相手と第三者、様々な視線が同居する作品や、全身で表現する作品、ストレートな言葉が聴衆の心を掴んで離さない作品ーーー言葉の持つ力に圧倒され、同時に「この人は、一体どんな人生を歩んできたんだろう?」と、発表者への興味をかきたてられた。

これまで体験したことのない、書くことへの没頭。もっと書いてみたい。書くことを通して、自分を、相手を、知りたい。そう感じた1日だった。

 

私が掘り当てた鉱脈は……

ここからは、私の個人的な体験を綴る。

そもそも、ワークショップへの参加を決めた理由は、自分の言葉が上滑りしているのを感じたからだった。

嘘がある、とまでは言わないものの、自分が書いた言葉に対して、自分の中で何も引っかからない。

誰かに何かを伝えたくて書いているはずなのに、誰にも届いていない気がする。

現に、考えたことをブログに綴るも、アクセス数は伸び悩み、友人には「ブログの文章からは、あなたの人となりが見えない」と言われ、「何をどう書けば、言葉が上滑りせずに、人に伝えたいことが伝わる文章が書けるのか?」と思い悩んでいた。

 

ワークショップで、初めて「頭で考えずに書く」ことを体験した。

「みんなで遊ぶ」「脳で遊ぶ」のところまでは、ただただ、楽しかった。身体を動かして童心にかえり、子どもの心のままで、書くことに没頭。のびのびと開かれた心で、お絵かきやお人形遊びに興じた5歳の私が、そこにはいた。

が、しかし。

開放された心で”記憶”の扉を開き、目にしたものは、決して美しいものではなかった。

ドロドロした、みぞおちの辺りからゔっと込み上げてくるような、生々しい記憶。目を背けたくなる、苦々しい過去の思い出。

かさぶたにならない生傷のように、今尚抱えていて、向き合えていない問題。

「書きたくない」

書くために足を運んだ場で、私は書くことを拒否した。

 「自分のことを書きたくないなら、この感情をテーマに、文章を書いてみたら?」

みゆきさんのアドバイスに、ふっと心が軽くなった。そしたら次々と言葉が出てきて、私は自分がかつて味わったことのある感情をテーマにした、他の誰かの物語を書いた。

ハッピーエンドではないものの、起承転結のある、収まりの良い物語。

「果たして、これでよかったのか?」モヤモヤした気持ちを抱えたまま、発表を終えた。

 

思い込みからの解放

 「問題に向き合うことと書くことは別。向き合わねばならないことを、書かなきゃいけないわけじゃない」

モヤモヤした問いを、みゆきさんに問いかけたところ、彼女はこう言った。

その言葉に、私は、ハッとした。

「自分の問題に、向き合わなければならない」

「向き合うべき問題について、書かなければならない」

「文章を書くにあたっては、目的と伝える対象がいなければならない」

書くことに対して「〜しなければ」と決めつけていたこと。それらが、自分の思い込みであったことに気付かされた。

 

鉱脈を掘っていきたい

長々と書いてしまったけど、ワークショップを通して得られたのは、書くことへの勇気と探究心だった。

人間の鉱脈を、もっと掘っていきたい。自分だけではなく、人との関わりを描くことで、もっと深く、広く、人と自分への探求を進めたい。

人が書いたものを、読みたい。文章を通して見える、人の姿をもっと見たい。

もうちょっと、書くことを続けてみよう。

 

そんな勇気が得られた1日だった。

みゆきさん、青剣さん、ご一緒した参加者のみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『うしろめたさの人類学』著者と編集者が語る、3つのうしろめたさ。

【イベント】『うしろめたさの人類学』&『ちゃぶ台Vol.3』(ミシマ社)刊行記念 松村圭一郎トークイベント 聞き手:三島邦弘「”これからの人間”にはうしろめたさが要る?」 | 代官山 T-SITEに行ってきました。

ダヴィンチや読売新聞、朝日新聞etc.メディアでも取り上げられて話題な『うしろめたさの人類学』(松村圭一郎著、ミシマ社、2017年)の発刊記念イベントです。

 f:id:marimoccoli:20171201214824j:image※左:ミシマ社代表・三島邦弘氏、左:著者・松村圭一郎氏

20年来の友人というお二人、本ができるまでの過程から「最大のうしろめたさは…?」に至るまで、話題の尽きないトークイベントでした。

キーワードは、”うしろめたさ”

”うしろめたさ”という切り口から、今日のトークイベントの様子を一部、ご紹介します。

 

①タイトルを決めたのは本人ではない⁈f:id:marimoccoli:20171201214959j:image ”うしろめたさ”という言葉がひっかかる本著。タイトルを決めたのは、ご本人ではない⁈とのこと。ミシマ社内でのミーティングでアイディアを出し合う中で、”うしろめたさ”というキーワードが出てきたそう。

「”うしろめたさ”っていう言葉いいね、って言われるんだけど、考えたの僕じゃないんだよね〜。それが僕のうしろめたさかな(笑)

冗談交じりに、著者の松村氏はこう話していた。

 

②”うしろめたさ”を感じるという、希望。

トークイベントも中盤。いよいよ本著にも描かれている、既存の社会システムの中で生きることへの”うしろめたさ”へと、議論が展開していく。

”うしろめたさ”については、ぜひ本著を手に取って、読んでいただきたい。

うしろめたさの人類学

うしろめたさの人類学

 

 「”うしろめたさ”を感じることは、希望」

と松村氏は言う。

うしろめたさを感じるからこそ、新しいものを生み出そうともがく。そこでもがくことによってできたスキマが、新たな活路を見いだすことにつながったり、既存の枠組みで生きられない人を自由にする。

ミシマ社代表・三島氏の経験や、鳥取県智頭町で天然酵母パン作りに励むタルマーリー、山口県周防大島での斬新な取り組みetc.の話題も飛び出し、議論が白熱した。

 

③最大のうしろめたさは……

f:id:marimoccoli:20171201220851j:image トークイベント終盤、「最後にこれだけは話しておきたかったんだけど…」と松村氏が話を切り出した。

最大のうしろめたさとは、何か?

「最大のうしろめたさは、死者。今、ここに自分が生きていること」と松村氏は話す。

自分の生は、両親に産み落とされ、周りの人たちに支えられて、生かされている。

土地は、代々引き継がれ、子孫に残していくもの。

病院の中に死が隔離され、生と死が切り離された都心の生活では、そうしたことが見えづらくなっている。

京都・神宮丸太町に事務所を構える三島氏もまた、「東京は生と死が切り離されているから、あえて、町中に祠や石像があり、死の気配を感じられる京都に拠点を構えた」という。

「今後の生き方、社会のあり方は、7世代先を見据えて考えていく必要があるのではないか?」

長期的な視座での問題提起で、トークイベントを締めくくった。

 

『うしろめたさの人類学』今年イチオシです。

 以上、キーワード”うしろめたさ”を切り口に、今日のイベントの様子を書いてみました。

長々と書きましたが、言いたいことは、ただ1つ。

『うしろめたさの人類学』面白い!

うしろめたさの人類学

うしろめたさの人類学

 

 今年も残すところあと1ヶ月、ぜひお手に取って見てください。

 

モヤモヤする時ほど、手を動かす。

悩みと煩悩は尽きぬもの。

f:id:marimoccoli:20171130230618j:image仕事、お金、生活、将来、人間関係……

悩み事がない、といったら、嘘になる。モヤモヤと考え始めたら、キリがない。

私は、何かと真面目に考えすぎて、動けなくなりがちな性格。

動けなくなる自分を自覚しているからこそ、心がけていることがある。

モヤモヤする時ほど、手を動かす。

 

無心で料理の果てに…f:id:marimoccoli:20171130230939j:image

たとえば、モヤモヤと考えすぎて眠れない夜は、ひたすら常備菜を作る。

料理をしていると、無心になれる。

「れんこんを切ったら、次はにんじんを…」「かぼちゃを煮る間にもう一品作ろう」「あと一品、レンチンで何か作れるかも!」……目の前にある食材と格闘するうちに、ものの一時間で4〜5品完成、おいしそうな香りと幸せな気分に包まれる。

その幸福感の中で「あ、何とかなるかもな」と、モヤモヤがスッと晴れていることに気づく。

 

単純作業を終えた先には

f:id:marimoccoli:20171130231303j:image仕事でも、煮詰まった時は、あえて思考を止めて、手だけを動かす。

データ入力、書類のファイリング…黙々と単純作業をこなして、小さな達成感を得る。

すると、不思議なことに「何で、さっきまであんなに悩んでいたんだろう?」と、一歩引いて煮詰まっていた自分を俯瞰する視点が得られる。

自分が置かれている状況が把握できれば、次の一手はもうすでに見えている。

 

考えたところで、答えが出ない時は、出ない。

そんな時は、思考を止めて、手だけを動かしてみる。

 

モヤモヤ悩んで動けない方は、ぜひ一度、試してみる価値はあるかと思います。

 

 

会社には、お局様も必要⁈

女5人のランチミーティング。f:id:marimoccoli:20171129204927p:image今日の昼休み、ランチミーティングを行った。

集まったメンバーは、奇しくも女5人。しかも、私以外は、入社8年超のベテラン……もとい、お局様勢揃い。

女同士の会話は、たいてい、何かしらの噂話や愚痴に発展する。

今日もまた例外ではなく、社内外のさまざまな話題が飛び交った。

 

他人に興味がない人が増えている?

f:id:marimoccoli:20171129215813j:image「ここ数年、他人に興味がない人が増えている」

入社10年超のベテラン人事課長のAさんは、こう話した。

採用面接に来たにも関わらず、弊社の代表の名前を知らない学生、廊下ですれ違っても、挨拶をしない中途社員、周りが忙しい中でも、声をかけることなく、定時きっかりで退社する新入社員……

仕事できるできないの問題ではなく、他人に興味がない人が増えているのでは?と、Aさんは言う。

 

マナーまでは目を配れない現場。

f:id:marimoccoli:20171129213225j:imageさらには、そうした社員に対して、声をかける人が少なくなっているのでは?と、入社8年目の中堅社員・Bさんは言う。

立場が上になればなるほど、挨拶や気配りといった、社会人の基礎に関しては、部下に直接言いづらいし、そもそも、そこまで気を配る余裕がない。

できれば、彼らの直属の上司にあたる、現場の若手・中堅社員に指導をお願いしたい、というのが、役職者の本音であろう。

しかし、現場の若手・中堅社員もまた、案件を抱えていて、人としての最低限のマナーの指導までは、面倒見きれないようだ。

他部署との関わりの多いBさんは、挨拶しない若手を気にかけて、彼らの直属の上司や部長に指導をお願いするも、渋々といった反応しか返ってこない、と言う。

 

指導されない人の行く末は……

f:id:marimoccoli:20171129213821j:image「指導されない人の行く末は、どうなるんだろう?」

会話の中で、ふと考えた。

挨拶しない若手には、もしかしたら、悪気はないのかもしれない。

しかし、社内での評判は、悪くなっていく。一度ついた印象を払拭するのは、難しい。

気づかないまま、仕事の機会を知らぬ間に失っていくとしたら、本人にとっては、一番悲しい結末を迎えることになってしまうのではないだろうか。

 

お局様のおせっかいが、人を育てる?f:id:marimoccoli:20171129220926j:image6年前、入社当時の自分を思い返した。

経理課長のお局様、広報課長のお局様、営業部の女の先輩、、仕事で直接関わりのない人に、役員への対応やマナー等について、指導を受けた。

「どこで誰が見ているかわからない。会社って、怖い」

入社当時の私は、そう怯えていた。

しかし、見方を変えれば、業務以外の、社会人としての基礎を、上司だけではなく、会社全体で面倒を見てもらえていたとも言える。

その点に関しては、社内のあらゆることに目配せする、お局様に(結果として)育てられた。

 

他人に興味がない人の集まりは、活力を失っていく。

お局様の存在は、会社にとって必要なのかもしれない。

ランチミーティングの最中、ふとそんなことを考えました。

 

他人の力を借りる力。

「お前はもっと、他人の力を借りる力を身につけろ」 f:id:marimoccoli:20171128211648j:image2年前、今の部署に異動して間もない頃、ひとり淡々と仕事を進める私に、上司はこう言った。

「なぜ、一人でやれる業務を、わざわざ分業する必要があるんだ?」

当時は、その発言の意図がつかめなかった。

 

立場と人柄に左右される、発言力の壁。f:id:marimoccoli:20171128202522j:imageそれから2年、社長直属の部署で、内部監査人としての業務と、社内プロジェクトの事務局業務に取り組んできた。

事前に準備した証憑やヒアリングをもとに、各部署長や役員陣に改善指示事項を伝える、内部監査人の業務と、プロジェクトの計画立案・進捗状況・ミーティングの議事録作成・関係各所との調整といった、事務局業務。

一見、全く違う2つの仕事で、ぶつかった壁は、不思議なことに、全く同じものだった。

自分の発言力の限界。

発言力は、立場と経験に左右される。

同じ内部監査人でも、経験豊富な定年間近の上司と、30過ぎの小娘たる私とでは、受け取る相手にとっての発言力が、全然違う。

いくら明白な証憑を揃えて、論理的に話をしたとしても、「俺は部長だ。経験の浅いお前が何を言ってるんだ」と一蹴されることもある。

また、社内プロジェクトの事務局業務でも、「いち社員」たる私と、プロジェクトメンバー一同が話す重みは、受け取る相手にとって、全く異なる。

「いち社員」たる私の意見として話すと「そう考えるのは、お前だけだろう」と通らない意見も、「プロジェクトメンバー一同で合意した意見」として話すと、議論の土台にのせることができる。

「私」の発言力のなさ。

悔しくとも、それは今の自分の現実で、認めざるを得ないものだった、

 

苦手なものは、人に頼む。初の二人三脚の事務局業務。f:id:marimoccoli:20171128205130p:image

今年8月、全く未経験な分野の社内プロジェクトの事務局業務を任された。しかも、初の二人事務局。別の部署で、それまで関わりの少なかった女の先輩と組むことになった。

「私は、攻めが得意なの。あなたには、守りを固めてほしい」

顔合わせで、開口一番、彼女はこう言った。

数回転職歴があり、営業、社長秘書、営業事務、経営企画、広報……と、さまざまな経験を持つ彼女。社内調整と物事を進める力には、長けている。しかし一方で、議事録の作成や、細々した数字の管理、情報の整理は苦手、という。

かたや、私は、内部監査人という職業柄、細々した数字の管理や情報の整理は、得意分野。議事録の作成も慣れていた。

互いの得意・不得意、利害関係が一致した私たちは、攻めと守りで、時に牽制をかけながら、プロジェクトを進めている。

 

「あなたとは仕事がしやすいから、助かります」f:id:marimoccoli:20171128210906j:image社内メールのやり取りの中で、先輩からこんなメッセージをいただいた。

「あなたとは仕事がしやすい」

2人体制で進める身として、こんなにうれしいお褒めの言葉はない。

お礼のメッセージを送り、じわりと喜びを噛み締めた。

 

できること・できないことの物々交換。f:id:marimoccoli:20171128211830j:image

うれしい気持ち半ばで、ふと、冒頭の上司の言葉を思い出した。

他人の力を借りる力。

自分の経験・立場etc.を鑑みて、今の自分にできること・できないことを、冷静に把握する。

その上で、できないことに関しては、他人の力を借りてみる。

仕事だけではなく、人と関わって生きていく上で、大切なことだなぁと思います。

 

 

黒くなったバナナを救え!救済レシピ5選。

【黒バナナ救済レシピ5選】

グリーンスムージー

②パンケーキ

③パウンドケーキ

④バナナブラウニー

⑤バナナスコーン

f:id:marimoccoli:20171127213835j:imageスーパーや八百屋さんで、バナナが安いっ!

まとめて買って、ついつい放置、気がついたら真っ黒に……そんなこと、ありませんか?

黒く熟したバナナ、そのまま食べるには、ちょっと気がひける……でも、捨てるのはもったいない!

黒くなったバナナも生まれ変わる⁈救済レシピを5つご紹介します。

合言葉は、”黒いなら つぶして混ぜろ ホトトギス”。

 

グリーンスムージーf:id:marimoccoli:20171127214727j:image朝食にオススメ、グリーンスムージーに。

つぶして混ぜれば、黒くても全く問題なし。むしろ甘みが増して、おいしいです。

 ≪材料≫(1人分)
ほうれん草1/2束、黒バナナ1本、キウイ1個、アボカド1/2個、りんご1/8個、水200cc
≪作り方≫

材料を一口大にちぎって入れ、水を入れてミキサーにかける。

 

②パンケーキf:id:marimoccoli:20171127215722j:image ブランチにオススメ、パンケーキに入れてもおいしい◎

①に同じく、つぶして混ぜれば、黒くても何の問題もありません。

黒バナナは甘みが強いため、砂糖を加える必要なし。ヘルシーなパンケーキが作れます。

≪材料≫(5〜6枚分)

黒バナナ1本、パンケーキの素100g(だいたい1人分の量、ホットケーキミックスでも可)、卵1個、豆乳100cc、オリーブオイル大さじ1

≪作り方≫

⑴卵1個をときほぐして、オリーブオイルを入れて混ぜる。

⑵⑴につぶした黒バナナと豆乳を入れて混ぜ、パンケーキの素を加えてさらに混ぜる。

⑶サラダ油をしいたフライパンに②を丸く流し入れて焼く。

 

③パウンドケーキf:id:marimoccoli:20171127220639j:image

パウンドケーキに入れても美味◎ヘルシーで素朴な甘みがうれしい一品です。

※参考にしたレシピはこちら↓黒バナナは甘みが強いので、多少(10〜15%程度)はお好みで砂糖を減らして作っても、問題はないかと思います。

 

④バナナブラウニーf:id:marimoccoli:20171127221559j:image

パウンドケーキに入れておいしいなら、ブラウニーに入れてもおいしいはず……!

ずばり、おいしかったです。

ここでは、レシピ②に近い、同じく豆腐とココアを使って作ってみました。もっちりした味わいで、腹持ちよくてヘルシーなおやつを作りたい方にオススメです。

※参考にしたレシピ1↓

※参考にしたレシピ2↓

 

⑤バナナスコーン

調理時間5分、バナナとホットケーキミックスを混ぜるだけ⁈ スコーンにしてもおいしいようです。

※参考レシピ↓

 

むしろ黒バナナがいい⁈

以上、5つご紹介しました。

黒バナナ救済のため、いくつか作ってみて、思ったこと。

お菓子を作るなら、むしろ黒バナナの方がいい……!!

甘みが強いから余分な甘さはいらないし、熟してるからキレイにつぶせて、お菓子の生地との馴染みもいい。

全くの想定外、これぞまさに棚からぼたもち。

黒くなったバナナ、どうしよう……とお困りの方、よかったらぜひ、お試しください♪

 

備考:

黒バナナ、健康にも良いそうです。恐るべし。

 

1日1本で医者いらずになる 黒バナナ健康法 (アスコム健康BOOKS)

1日1本で医者いらずになる 黒バナナ健康法 (アスコム健康BOOKS)