まりもっこり日和

本・漫画・映画のレビューと日々のつれづれ。

あえて、一番便利な部位を切り落とす。

25歳の頃の僕は、自分を進化させるため、思い切って一番便利な部位を切り落としてみることにした。
テレビだ。

ーーー西野亮廣魔法のコンパス 道なき道の歩き方』主婦と生活者, 2017年 P.33

 

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

お笑い芸人でありながら、3冊の絵本執筆、ソロトークライブや舞台の脚本執筆を手がけ、幅広い分野で活動する、キングコング西野亮廣氏の本。

 

はねるのトびら』で見た限界

芸歴1年目、全国オーディションを勝ち抜いて『はねるのトびら』出演、番組のゴールデンタイム進出を果たし、人気タレントの仲間入りをした西野氏。

しかし、「スターにはなっていなかった」と、当時を振り返る。

上には、ダウンタウンさんやタモリさんやたけしさんや明石家さんまさんが、以前と変わらずにいた。

世界は驚くほど変わらなかったのだ。

ーーー同書 P.42

 

諦めの悪い男の決断

「それでも、スターになりたい」西野氏は、ここで驚くべき行動に出る。

レギュラー番組以外のテレビの仕事を全部やめる、と宣言したのだ。

売れ始めた、絶好のタイミングだからこその、決断。西野氏はこの決断について、こう振り返る。

レギュラー番組以外の仕事を全部やめることは、腕を切り落とすような強引なやり方だけれど、そのことによって、身体のどこかが極端に進化すれば、希望の光がさすのではないか。(中略)

そうでもしないと、何者にもならないまま死んでしまうという焦りがあった。

ーーー同書 P.48

 

お家芸が通用しない。そんな時は、

その後、西野氏は絵を描き始める。ここから少しずつ、テレビ以外での独自の活動を展開していく。

お家芸が通用しない。そんな時は、あえて、それを捨ててみる。

極端なやり方だけど、何かしらの突破口を開く原動力にはなるかもしれない。

西野氏のこの決断から、そんなことを考えました。

伝える力を鍛える前に。

言葉が意見を伝える道具であるならば、まず、意見を育てる必要がある。

ーーー梅田悟司『「言葉にできる」は武器になる。』日本経済新聞出版社, 2016年 P.26

「言葉にできる」は武器になる。
ジョージア「世界は誰かの仕事でできている」等のコピーで有名な、電通のコピーライター・梅田悟司氏の本。

理系出身、読書経験の少ない梅田氏が、どうやって多くの人に伝わる言葉を生み出しているのか?言葉を紡ぐプロセスを紹介しています。

 

言葉は思考の上澄みに過ぎない

「伝わる言葉をどうやって生み出しているんですか?」梅田氏に多く寄せられる質問に、「まずは、自分の意見を育てるプロセスが重要」と梅田氏は答えている。

考えていないことは口にできないし、不意を突かれて発言する時、つい本音が出てしまう。そのため、思考を磨かなければ言葉の成長は難しい。

ーーー同書 P.5

 

「内なる言葉」と向き合う

では、どのように伝える言葉を生み出していくのか?

「言葉が意見を伝える道具であるならば、まず、意見を育てる必要がある」この前提に立つならば、言葉を生み出すプロセスには、①意見を育てる、②意見を言葉に変換する、という二段階が存在していることに気づく。

物事を考えたり、感じたりする時に、無意識のうちに頭の中で発している「内なる言葉」

この内なる言葉を用いて、考えを広めたり深めたりする、自己との対話を通して、自分の意見を育てていく。

このプロセスが、伝えるスキルを磨く以前に、重要である、と梅田氏は話す。

 

伝える力が偏重される今

 プレゼンスキル、スピーチスキル、小手先の伝える技術が偏重されがちな今。

自分が本当に伝えたいことは、何なのか?

「内なる言葉」で自分の意見を育てることが、何よりも大切なのかもしれません。

 

 

自分目線と他人目線。

中川淳『経営とデザインの幸せな関係』日経BP社, 2016年。

経営とデザインの幸せな関係

中川政七商店 十三代社長・中川淳氏の著書。

旧態依然とした家業を継ぎ、13年で売上を10倍に伸ばすと共に、全国各地の工芸メーカーの経営コンサルティングを手がけ、成功事例を作ってきた中川氏。

その中川氏が、中小ものづくり企業の経営ノウハウを体系化し、入り口の経営診断から、ブランディング、商品開発、販路開拓・至るまでのノウハウをまとめた本です。

 

ブランドイメージは、お客さんの頭の中にできるもの。

本の中で、中川氏は、ブランドについて、以下のように書いています。

ブランドイメージがどこに出来るのかというとお客さんの頭の中に出来るので、そこをいかに意図してつくっていけるか。これが、ブランドをつくるための重要なポイントです。
ーーー中川淳『経営とデザインの幸せな関係』日経BP社, 2016年 P.93

ブランディングは、自分発信。自分をいかに良く見せるかを考えるもの。

しかし、そこに欠かせないのは、他人目線。他人にどう見られるか、どのようにすれば、他人の記憶に残るのか、自分に関するどんなイメージを、他人の頭の中に焼き付けたいのか。

 

自分目線と他人目線。その両方が、欠かせない。

ものづくり企業のみならず、会社員の仕事でも、同じことが言えるような気がします。

 

電話なの?メールなの?

電話とメールの使い分けに悩んでいます。

 

 f:id:marimoccoli:20170731082742j:image

仕事の場合は、至極シンプル

相手の要望ややり方に、合わせる。

緊急かつ重要な用事は電話、その詳細、ないしは急ぎでない用事はメール、の使い分けが多いけど、人によっては、電話NG・用件は全てメール派、LINEで簡潔に要件を伝えれば「じゃぁメールして」と具体的な指示をくれる方etc.もいる。

相手のスタンスを知るのも、仕事の一つ。いたってシンプルだと思う。

 

問題は、プライベートでの使い分け

f:id:marimoccoli:20170731083354j:image

そもそも、電話やLINE、メールetc. でのやり取りが苦手な私。

プライベートでは、「相手の要望ややり方に合わせる」という制約が、仕事ほどには発生しない。

しかし、だからこそ、その使い分けに悩むことが多い。

 

勤務時間中の迷惑な電話

先日、とある映画鑑賞会に、参加申込をした時のこと。

会の2週間以上前、勤務時間中の平日の昼間に、知らない番号からの電話のバイブ音が鳴り響いた。3日連続で、1日3〜4回の着信。

f:id:marimoccoli:20170907212850j:image

「カードの支払いが遅れてるわけではない。一体何があったんだろう…?」

恐る恐る、着信があった番号に折り返すと「イベントのご案内です。今から詳細をお伝えしますので、メモのご用意はいいですか?」と会の主催者の一言。

仕事の合間の移動時間での電話、メモを取れる状況ではなく「すみません、今仕事で移動中で、メモを取るのが難しいので、メールでいただいてもいいですか?参加申込連絡は、メールでさせていただいたんですが……」と依頼。

しかし、先方は「メールアドレスを管理していないので、メールできません。今メモを取っていただくか、メールアドレスを教えてください」ときっぱり。

 「メール送ってるのに、アドレス管理してない、って、あれ……?」と心の中で思いつつも、アドレスを伝えてメールで用件を受信。メールの内容は、イベント案内HPに書かれていることと、全く同じ。

「この内容なら、別に電話いらないんじゃ…」とぐったり。

 

「やっぱりメールだと、お互い考えてることが伝わらないわよね」

以前、シェアハウスに住んでいた時のこと。

家の中で、トラブルが発生、事態が込み合っていた為、事の経緯をメールで送って相談しました。

が、しかし、2週間以上、返信がこないorz

解決しないまま、過ぎてゆく日々、心のモヤモヤは膨らむばかり。

f:id:marimoccoli:20170907214438j:image

痺れを切らして、3週間後に「メールをご確認いただいてますか?(※心の声:見てるなら返信してね♡)」と催促して、ようやく返ってきた返信は、返信が遅れた理由1000字以上と、「メール見ました」の一言。

「これは直接話すしかないな」と、後日直談判すると「やっぱりメールだと、お互い考えてることが伝わらないわよね」の一言、相談に関する回答はなし。

 

ツールは発達したけれど…… 

電話、メール、LINE、FacebookTwitterInstagram…コミュニケーションのツールは、日進月歩。

そんな進化を横目に、古株な電話とメールの使い分けに悩む私。

ツールは発達したけれど、使いこなせなければ、意味がない。コミュニケーションは、難しい。

もしかしたら、ツールが数多あるからこそ、選ばねばならないゆえ、コミュニケーションが難しくなっているのかもしれない。

電話とメールの悩む日々、そんなことを考えました。

 

 

小説の懐の深さのゆえんとは?

一回の失敗でその人の努力を全部なしにすんなよって思うの。逆はアリやと思うの。ホンマはいい人やったって思うのは素敵なことやから。

ーーー小説家・西加奈子氏/若林正恭『ご本、出しときますね?』ポプラ社, 2017年 P.271より引用。

ご本、出しときますね?

本好き芸人・オードリー若林正恭氏が、朝井リョウ角田光代…etc.小説家やエッセイストと、「マイルール」etc.についてトークを繰り広げる、バラエティ番組の単行本化。

 

”根はいい子制度”は絶対ではない

角田光代氏・西加奈子氏との鼎談にて。

「”根はいい子制度”は絶対ではない」がマイルール、小説家・西加奈子氏は話す。

不良が雨の日に路地裏で子猫抱いてるのを偶然見かけて「ドキッ☆ ほんとはいいやつ!」みたいなのあるやん?一気に針がグッと「いい人」サイドに振れるやつ。それは素敵な制度やと思うねん。だからといって、普段(中略)めちゃくちゃ優しいおじいちゃんが「チッ」って舌打ちしてるのを見て「うわっ! ホンマは嫌な人やったんや」って思うのはなしにしようってこと。(中略)

ーー同著 P.271 L.1-10

 

人間の多面性を描く

西加奈子氏のマイルールを受けて、角田光代氏はこう話す。

本当の悪人もいないし、善人ぶっている人もいないし、悪いけど、悪いだけの人もいない。それを配分していくのが、小説だと思っています。

だから、西さんのルールは、そのまま小説のルールでもあるんでしょうね。(角田光代)
ーーBSジャパン若林正恭:編『ご本、出しときますね?』ポプラ社, 2017年 P.273

 

懐の深い、小説世界。

小説には、ジャンキーも、犯罪者も、ヒモも、どうしようもない悪人も、老若男女や一般的な善悪の価値判断問わず、さまざまな人物が登場する。

その意味で、小説世界は、今私が生きるこの現実世界より、よっぽど懐が深く、受け皿も広い。

その懐の深さのゆえんは、作家の人間愛と観察眼なのかもしれない。

三者の鼎談から、そんなことを考えました。

 

1つの手抜きのドミノ倒し。

9月に入りましたね。徐々に風が冷たくなってきて、秋の気配を感じる昨今。

季節の変わり目、体調を崩しました。

週の始めから、何となく身体がだるい、胃が重い、頭が痛い……に始まって、お腹を下し、熱が出て、金曜日にようやく回復。

今回、わかりやすく「体調管理で一番やっちゃダメなパターン」 で体調を崩したので、自戒を込めて書き残します。

 

きっかけは、1つの手抜きから。

事の始まりは、先週末。毎週やってる、常備菜作りをサボったこと。

常備菜作り・毎日のお弁当の用意。なんてことない家事の1つですが、私にとっては、残業や仕事の付き合いの飲み会等、生活の乱れを正す為の、事前の一手。

f:id:marimoccoli:20170903094932j:image※写真は次男⇒長男⇒私へ~風邪がドミノ式に倒れる様に移ると、最後の人ほど症状が重症化する傾向に - 新しい、パソコンを☆買いたい! より引用。

これを怠ったことで、

外食・コンビニ食→胃がもたれる→寝つきが悪くなる→朝目覚めて疲れが取れない→仕事の効率ダウン→残業が増える→帰宅して料理する気力がない・週の途中で作ろうと試みるも失敗→外食・コンビニ食…

という、悪循環に自らはまった次第orz

体調がガタガタッと崩れていくこと、ドミノ倒しの如し。一番、やっちゃいけないパターンでした。

 

悪循環を断ち切る一手とは。f:id:marimoccoli:20170903094524j:image<a href='http://jp.freepik.com/free-photo/写真_1203372.htm'>Designed by Freepik</a>

崩れていくドミノは、1つ1つ立て直すしかない。悪循環は、断ち切るしかない。

その一手は、薬より何より、 普段の生活に戻すこと。

食事抜き&睡眠で身体を休めてから、えいやっと早起き。そこで、まずはいったん、持ち直す。

それから、週末の休みを利用して、普段通り、掃除・洗濯・常備菜作り…と、一通りこなしたら、スッキリ回復しました。

 

今回の教訓、手抜きのドミノ、恐るべし。

季節の変わり目、体調を崩しがちな方は、ついやりがちな手抜きに、気を向けてみるといいかもしれません。

 

 

 

あと1日で休み!休みの前日を乗り切る時に聴きたい5曲。

今日は金曜日。土日休みの会社員には、1週間の疲れが溜まってしんどい1日かと思います。

f:id:marimoccoli:20170825091138j:image

あと1日働けば休み!休みの前日を乗り切るために、聴きたい5曲を紹介します。

 

1.ギルド/BUMP OF CHICKEN

ギルド

ギルド

♪汚れたって受け止めろ 世界は自分のモンだ

構わないから その姿で 生きるべきなんだよ

それも全て 気が狂う程 まともな日常

曲の始まりは重いですが、聴いていくうちに元気が出る。金曜日の朝、どうしても気分が重い時にオススメな1曲。

 

2.ワニとシャンプー

ライブで盛り上がるももクロの1曲。

♪絶体絶命 Summer Night

完徹決定 All Night

ヤバイ!ヤバイ!まぢでヤバイ!(やばい!)

8月末にして夏休みの宿題が終わらない学生の歌。やばい状況なのに、悲壮感ゼロで楽しい!〆切間近な方にオススメです。

 

3.ふがいないや/YUKI

ふがいないや

ふがいないや

終わらない仕事を前に自己嫌悪……になるくらいなら、その気持ちをYUKIに代弁してもらいましょう。

♪遠くまで 逃げているつもりでも 終わらないストーリー 

にやにや 笑っている ふがいないや。 いや。

PVYUKI 『ふがいないや』 - YouTubeもオススメ。かわいくて癒されます。

 

4.つらいことばかり/くるり

♪気持ちをぎゅっとつかんで 生搾り つらいことばかりだね

残り半日、終わりが見えてきたものの、疲れも業務量もピークでしんどいことが多い、金曜日の午後。つらい時は、楽しく開き直るに限る。わーい!つらい!

 

5.潜水/Mr.ChildrenI LOVE U

2005年のアルバム『I ❤︎ U』収録、トリを飾る名曲。

♪そうだ 冷えたビールを飲もう

金と黒のラベル選んで できるだけ一息で

あぁ あぁ あぁ あぁ 生きてるって感じ

 退社まで残り1時間。ひと仕事終えた後の晩酌タイムを思い浮かべて乗り切りましょう。

 

以上、5曲紹介しました。

休み前、疲れが溜まってしんどい方も、仕事が溜まって「明日休んでる場合じゃない…」という方も、今日も1日乗り切りましょう♪