まりもっこり日和

本・漫画・映画のレビューと日々のつれづれ。

「失敗は成功のもと」なのか?

「上手くいかない原因はわかっても、どうしたら成功するかが、わからない。自分が成功するイメージが、全く湧かないんですよ」f:id:marimoccoli:20171019085826j:image業務監査の面談で、中途入社4年目で成果が出ずに悩む営業マンのGさんは、力なくこう話した。

Gさんの姿が、3年前の自分に重なった。

入社4年目にも関わらず、成果を出せずに行き詰まっていた、当時の私。Gさんに、何と言ったらいいのかわからなかった。

 

「失敗は成功のもと」そう言えるのは……f:id:marimoccoli:20171019085553j:image閑話休題。「失敗は成功のもと」ということわざがある。

失敗しても、敗因分析と改善策を考えて行動すれば、成功につながる、という意味だ。

失敗に落ち込む人や、成果が出なくて悩む人に対する、励ましの言葉として用いられる。

しかし、残念ながら「失敗は成功のもと」と必ずしも言い切れないのでは?と私は思う。

「失敗は成功のもと」と言えるのは、敗因分析をもとに改善策をとって、実際に成功した人だけだ。その意味で、このことわざを使う人は、成功者なのだ。

 

成功体験がない人の悪循環f:id:marimoccoli:20171019090624j:image失敗続きで、成功体験のない人は、どうなのか?

そもそも成功する自分の姿を思い描けない、という人もいるのではないか、と思う。少なくとも、私の実体験では、そうだった。

失敗の連続で、敗因分析や自分の負けパターンは把握できても、勝ち方がわからない。

自己啓発本を読み漁ったり、セミナーに参加したりして、現に成功する他人にロールモデルを求めるも、他人にとっての成功と自分にとっての成功は、必ずしも一致しない。

「こうすれば、上手くいくはず。でも、この方向性でやっていくと、どんどん苦しくなっていく……」

自分に合わないやり方を続け、案の定成果は出ず、自信をなくし、ますます成功から遠ざかっていく、負け戦続きになる……という、悪循環に陥った。

これは、仕事に限った話ではない。たとえば、恋愛でも同じことが言える。

恋愛経験が豊富で、異性を口説く手練手管を身につけた人にとっては、恋愛はそう難しいことではない。

しかし、そもそも恋愛経験の少ない人、失恋経験しかない人にとっては、付き合いを始めることすら、ハードルが高いかもしれない。自分にとってしっくりくる、恋愛の成功イメージを思い描くのは、実は難しいのではないか。

成功体験のない人が、成功をイメージすることは、そう簡単ではない。一度ついた、ネガティブな自己イメージや刷り込みを払拭するには、刷り込む時以上の労力と精神力が必要だ。

 

自分にとっての成功とは何か?f:id:marimoccoli:20171019090644j:image成功体験があろうがなかろうが、人生は続く。歩みは止められない。一度きりしかない人生、失敗だけで終わらせたくはない。

成功体験のない人が、成功をつかむには、どうすればいいのか?

私自身、失敗経験やその原因分析を重ね、改善策を講じてきて、未だ改善に至らぬ問題を抱えている。この問いに対して、明確な答えが出たわけではない。

ただ「自分にとっての成功とは何か?」の捉え直しは、必要なのかもしれない、と思う。

 

Gさんの話に戻る。

「まぁ、それでもやるしかないですよね。上司に助言をいただきながら、頑張ります」

面談の終わり、こう言い残して、Gさんは業務に戻っていった。

行動量・質ともに一定水準をキープしながらも、成果が出ない日々、それでも淡々と仕事に励むGさん。

Gさんの話から、改めて自分の失敗と向き合う、敗因分析を生かせているのかを問うきっかけをもらいました。

 

 

 

仕事は他人ありき、でも、

「あいつは、イエスマンだからな。信用できねぇよ」

知人で、中小企業の社長を務めるDさんは、秘書Eさんについて、こう言い放った。f:id:marimoccoli:20171018082949j:imageたまたまD社長とEさんの同僚Fさんにお会いする機会があり、2人の話題が出たついで、話を聞いてみた。

Eさんは入社12年目のベテラン社員、社長秘書を務めてもうすぐ9年になる。

Eさんは、先回り思考のできる人で「社長のために」と、日々、スケジュール調整や社内根回しに奔走している。そのきめ細かい対応に関して、同僚からは、一定の評価を受けている。

しかし、上司たる社長からの評価は低いとのこと。D社長は、スケジュール調整に関して、重要なものはEさんに任せていない。「あいつは使えない」と、一部の社員に漏らしているという。

そして、自分が社長から評価されていないことを、Eさん自身も自覚しているとのこと。「俺は、社長のために自分を犠牲にして働いてるのに、何で社長は俺を評価しないんだ?」と周囲に漏らしながらも、「まぁ、社長の仕事は俺がいないと進まないからな」と、社長に必要とされることだけをよすがに、働いているという。

 

自分の意思がない仕事f:id:marimoccoli:20171018091046j:imageなぜ、Eさんは評価されないのか?Fさんは続けてこう話した。

「よくわかんないよね。D社長が何故Eさんを評価しないのか、評価してないのに9年も下につけてるのか。Eさんも、評価されないなら、何でやり方を変えるとか、会社を辞めるとか、行動を起こさないのか」

「ただ、1つ思うのは、Eさんの仕事には、自分の意思がない。何かしら不服なことがあっても『社長が言ったから』とか言い訳して進めてる。それは、正直どうなのかな?って俺は思うよ」

 

自分の意思と、他人のニーズに応えること

仕事は、他人様のニーズありき。

でも、他人にただ迎合することは、仕事とは言い難い。

他人に必要とされることだけをよすがにして働くのは、結構危ういのではないか?

自分の意思を持って、他人のニーズに応える。

このバランスを改めて考える必要があるなぁと思う今日この頃です。

模様替えのすゝめ。

【居心地の良い部屋がもたらしたの3つの変化】

①残業が減った

②部屋を常にキレイに保てるようになった

③来客をうれしく思うようになった

f:id:marimoccoli:20171017082357j:image

都心から離れた、自然豊かな街に引っ越して2ヶ月半。「ゆっくり休める部屋」を作って、1ヶ月半が経ちました。

怠けるための部屋づくり。 - まりもっこり日和参照。

居心地の良い部屋、最高…!この1ヶ月で、少しずつ生活に変化が生まれました。3つの変化をご紹介します。

①残業が減ったf:id:marimoccoli:20171017083655j:image まずは何と言ってもコレ。居心地の良い部屋を作ると、早く家に帰りたくなります。そのために、いかに早く仕事を終えて帰るか。作業効率や優先順位を意識して仕事を進めるようになり、結果的に残業時間が月5時間減りました(ここ2ヶ月分の実績値)。

 

②部屋を常にキレイに保てるようになった f:id:marimoccoli:20171017084151j:image居心地の良い部屋を作ると、部屋への愛着がわきます。そうすると、どうなるか。極力キレイに保ちたい!という欲が出て、こまめに掃除するようになりました。

部屋をキレイに保っておくと、さらに部屋への愛着が増し、ますますキレイにしようと思う、良い循環が生まれています。

ちなみに、水回りはお風呂上がりに、キッチンは料理後に必ず掃除をするようにしています。リビングは、こんまりさんの片づけの魔法本を読んで、モノの定位置を決めて整理。ストレスがたまると多少散らかりますが、それでも30分で片付く程にはキレイに保てています。以前は、1回散らかすと、1〜2時間片付けにかかっていたので、私にとっては大きな進歩です。

※参考↓

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

③来客をうれしく思うようになったf:id:marimoccoli:20171017084957j:image※友人が泊まりに来た時の写真。家にあるもので晩酌。

これが一番の変化かもしれない…!居心地の良い部屋を作って、部屋への愛着がわいたら、友人の来客をうれしく思うようになりました。

これまで、シェアハウスに住んでいた時ですら、家に人を呼ぶのにためらいがあったことを思うと、大きな変化だなぁと思います。

 

部屋を変えれば、人生が変わる⁈

……とは言わないまでも、居心地の良い部屋を作ると、毎日が少し楽しくなります◎

日々のストレスに悩む方、何となくモヤモヤを抱える方、ここは心機一転、部屋の模様替えをしてみてはいかがでしょうか?

 

「いい会社」って、何だ?

「うちの会社、いい会社だと思うんだけど、人が辞めていくんだよね」

知人で、とある会社の社長を務めるAさんは、こう言った。

f:id:marimoccoli:20171012141528j:image

A社長は、従業員の為を思い、福利厚生を手厚くしている。毎週水曜日のノー残業デーの実施を徹底し、全社員の平均残業時間は20時間、社員の有給取得率は7割超、と、決して悪くはない数字。会社の3割を占める女性社員の産休・育休取得を推奨しており、産休・育休取得者の8割が、復帰して時短勤務を続けている。

福利厚生は抜群な、世に言うホワイト企業だ。

しかし、ここ近年、離職率が高まっている。特に入社5年超の、戦力を担う中堅社員の退職が続いているとのこと。

「この業界で、うちほど福利厚生いいところ、そうそうないと思うんだけどなぁ。これ以上どうしたらいいんだろうね。給料増やせばいいのかな」

A社長は、こうつぶやいた。

 

「自分がやってもやらなくても同じ」

f:id:marimoccoli:20171012142647j:imageたまたま、A社長の会社の元社員・Bさんと話す機会があった。Bさんは、入社9年目の冬に転職、今は別の会社で活躍している。Bさんに、転職理由を聞いてみた。

「転職した理由は2つ。風通しの良い環境で働きたい。成果に応じた報酬を得たい」

前の(※A社長の)会社はどうだったのか?と聞くと、Bさんは続けてこう言った。

「前の会社は、残業は少ないし、休みも取れて、給料も悪くない、働く環境としては恵まれていた。でも、自分がやってもやらなくても同じだった。自分から企画を出して、上に話を通す段階で、何かしらの圧力が働いて、もみ消しにされることもあった。純粋な成果だけじゃなく、それ以外のところで左右される要素が、少なくとも自分にとっては多すぎた。そんな社内環境に疑問を持つようになって、転職を決意したんだ」

 A社長が「会社の為」と思って整えた福利厚生は、Bさんには全く響いていなかった。

2人の目指す「いい会社」像は、おそらく異なっている。

 

「いい会社」の条件とは?f:id:marimoccoli:20171012190310j:image「いい会社」の条件は、人によって異なる。

「いい会社」にしようと、社長が、社員が、努力したところで、その努力が、他の誰かにとっては、水の泡に終わることもある。

「いい会社」とは、何なのか?

「いい会社」の条件は、いったい誰が決めるのか?「会社が決める」という時の、「会社」は誰なのか?

「いい会社」の条件が人それぞれ異なる中で、組織を成長させるには、何が必要なのか?

 

今の会社に新卒入社して6年半、それなりに”組織人”としての立ち居振る舞いが見えてきた中で、そんなことを考えています。

料理の幸せ3つ。

【料理の幸せ3つ】

1.自分を満たす。

2.人を知る。

3.人とつながる。

 f:id:marimoccoli:20171011082246j:image料理が好きです。毎日、料理してご飯を食べて寝るだけで幸せ、という、つくづくおめでたい性格な私。

料理を通して感じる3つの幸せをまとめました。

1.自分を満たす。 f:id:marimoccoli:20171011083220j:image※ここ最近のヒット作。いなだの南蛮漬け。

料理は、自己満足の最たるものであり、最も手軽なストレス発散だと思う。

なぜなら、全て自分の裁量でできるから。

自分で、新鮮でおいしい材料を、安く仕入れる。自分で献立を立てて、手順を決めて、作る。そして自分で食べる。

料理は、慣れれば上達するし、上達はすなわち、食事の質の向上につながる。

自分がしたことの成果が、全て自分に返ってくる。

他者ありきで、往々にして、他人の都合に左右される仕事とは、決定的に違う。

他人都合に振り回される仕事のストレスは、自分都合で采配できる料理で、発散できる。

 

2.人を知る。f:id:marimoccoli:20171011084854j:image※時短思考な方に人気な重ね煮。重ね煮のすゝめ。 - まりもっこり日和参照。

毎月実家に帰省して、両親に料理を振る舞い、母親から「母の味」を学ぶ中で、気づいたこと。レシピの共有から、改めて母親の人柄を知る。

料理の仕方には、その人の性格や、大切にしているものが表れる。

仕事優先な人は、時短料理。食べることが好きな人は、旬の食材を料理することに喜びを感じる。

「自炊してるんでしょ?何作るの?」料理にまつわるささいな会話からも、その人の意外な一面を垣間見ることができて面白い!

 

3.人とつながる。 f:id:marimoccoli:20171011085341j:image最後はよくある話。みんなで食卓を囲むのは、楽しい。それなりに気を遣うし、準備や後片付けの大変さや、費用の割り勘等、細々した面倒はあれど、それでも食事を共にすることで、見えてくるものや、生まれる人とのつながりは、少なからずある。

 

以上、3つまとめてみました。

「自炊、面倒くさい。包丁なんて、握ったことない」という方、毎日の献立に悩み「もう料理なんか嫌いだ!」と投げ出したくなる方…etc.「こんな捉え方もあるのね」と、何かしら新たな発見があれば幸いです。

 

変えられるもの、変えられないもの。

「自分が向き合える問題のサイズを自覚しなよ。何でもかんでも真面目に向き合おうとすると、そのうち自滅するよ」

f:id:marimoccoli:20171005205804j:image

月1回のメンテナンス、6年近くお世話になっている整体師さんへ。

全身バッキバキで、内臓も疲れ気味な私に、整体師さんが言った一言。

 

自分の手に負えない問題

f:id:marimoccoli:20171005222025j:image

営業から、内部監査人へ。攻めから守りの部署に異動になり、部署横断的な社内プロジェクトへの関与の機会が増えて、丸2年。

私個人の範疇を超えて、「組織」の仕事に関わることが多くなった。

内部監査の業務でも、社内プロジェクトでも、当事者を正確に把握し、情報の流れを整理した上で、話の筋を通すことが肝要。誰に、いつ、何をどう話す/聞くか、に、常に神経を使う日々。

そんな毎日の中で、私はいつしか、本来自分が扱うべきではない問題まで、権限も実行力もないのに、頭を抱えるようになってしまっていた。

「それは、君の問題じゃないよね」

月1回の定点観測で、私の変化を捉えている整体師さんは、第三者の立場から私の話を聞き、こう一蹴した。

 

人は、変えられない。変えられるのは…

f:id:marimoccoli:20171005222124j:image

バッキバキの私の身体をほぐしながら、整体師さんは、バッサバッサ私の発言を切っていく。

 「人や組織は、そう簡単には変えられない。変えられるのは、自分だけ。まずは、自分が向き合える問題のサイズを自覚した方がいい。その上で、自分が向き合う問題に対して、どう解決するか、考えて行動するしかないんだよ」

 

自分が向き合う問題のサイズを自覚する。

それに対する、自分の考えや行動を変える。

正体不明のモヤモヤや、ずっしり重い問題を背負った時、改めてその正体を把握することが大事なのかもしれません。

何が人を動かすのか?

「点数が伸びないんですよね。どうしたらいいですかねぇ」

宅建試験まで残り20日を控えたある日、新入社員の一言に愕然とした。 

f:id:marimoccoli:20171003191426j:image

私の勤務先は、不動産会社。私は、仕事の一環で、社員の宅建取得指導を行っている。

宅建は、車で言う、運転免許。なければ業務に支障の出る、不動産のプロの登竜門たる資格。

毎年4月から、新入社員を中心とした宅建未取得者に対して、月1回、学習進捗やスケジュール管理を主とした面談を実施している。

「今年こそは」と意気込み、模試の点数を伸ばす社員の一方で、「暖簾に腕押し」状態が続いているのが、3名の新入社員。

f:id:marimoccoli:20171003192458j:image

当事者意識が、皆無なのだ。

俗に言う”さとり世代”なのか、個人の特性によるものなのか。理由は定かではない。

試験間近の模擬試験で、合格点の半分も点数が取れていない。

にもかかわらず、「勉強時間が足りないんですかね」と言いながら、平日1〜2時間の勉強時間を増やす努力をするわけでもない。

挙句の果てには「自分で決めた目標が達成できないんですけど、どうすればいいんですかね?」と私に聞く始末。

 

…。

…….。

………。

 

自分で考えたら?

 

内心そう思いながら、言葉を失ってしまった。

 

カネ、責任感、上司への恩……あらゆるものに問いかけるも

f:id:marimoccoli:20171004081220j:image

とは言えど、残り20日間、やる気を出して、ギリギリでもいいから、合格してもらわないと、会社としては困る。無免許の素人を置いておく余地はない。

宅建を取れば、来年度以降の受験料はなしになるよ、と金に訴えかける。効果なし。

宅建を取れば、営業先から「こいつは一人前の営業マンだ」と認めてもらえるよ、と、プロ意識に問いかける。効果なし。

宅建を取れば、自分の仕事の裁量が広がるよ、と責任感に訴える。効果なし。

宅建取得にあたっては、私を筆頭に、所属部署の上席など、多くの社員が新入社員に配慮している。宅建を取れば、そうした上司への恩を返せるよ、と恩返し精神に訴える。効果なし。

さらには、面談する私に向けて「こいつ、まじうざい」という視線を投げかける始末。

 

当事者意識がない人に、かける言葉とは?

一体、何が彼らを動かすのか?

当事者意識が皆無な人々に、何と声をかければ響くのか?

結局、わからないまま、今年の宅建取得指導を終えた。

宅建試験まで残り10日、少しでも彼らが勉強の火をつけて、合格点を取ってくれることを神頼みする今日この頃です。