まりもっこり日和

2018年3月末に退職、無職漂流記を綴ります。

朝起きて、行く場所がない。ーー無職漂流記#1

無職漂流記、はじめます。 2018年3月末、丸7年勤めた会社を退職した。 次を決めずに踏み切った退職。 無職の日々を無駄にしないよう、無職漂流記を更新します。 無職漂流記#1 2018年4月2日〜4月8日 【4月2日(月)】 朝6時半起床。7時15分、日課の朝ヨガと朝食…

「アイミスユー」を、忘れていた。

「お前と課長とのコンビネーションは抜群だったからな。お前が辞めるのは寂しいよ」 3月末をもって、丸7年勤めた会社を退職した。 退職直前、当時の上司だった部長は、しきりにこう言っていた。 私は、この発言の意味がわからなかった。 人間関係は、フォー…

つくり手の顔が見える、という価値。

2018年1月末、高崎のREBEL BOOKSで開催された、夏葉社・島田潤一郎さんのトークイベントに足を運んだ。1/21 『よい本を作って売る – ひとり出版社夏葉社のはなし』 – REBEL BOOKS ※画像は、上記HPより拝借。 鈍行で3時間、このためだけに高崎へ。そんな私を…

ひとつ執着を手放すと、他人の執着が見えてくる。

丸7年勤めた会社を退職する決意をした。上司に意向を伝えて、時期や引継ぎ等、具体的に話を進めている。 退職時期を固めた、昨年末。 退職までのカウントダウン、たとえ納得がいかないことがあったとしても、すっと受け入れて働こう、と決めた。 今の部署に…

「頑張ってるね」と言われない人になりたい。

「まりちゃん、頑張ってるね」 肩の力が入ってるように見えるのか、真面目な性格ゆえか、こう言われることが多い。 言う側からすれば、取り組む姿勢を評価しての、褒め言葉のつもりかもしれない。 でも、こう言われるたびに、私は悔しい気持ちになる。 努力…

話を聞くことは、話を聞く以上でも以下でもない。

知人主催の新年会に参加。そこで、話を聞くのがとても上手な方にお会いした。 「相手の求めているものを与える」Aさんとの出会い 仮に、その方をAさんとする。Aさんは、推定50代、営業から事務職まで、いろんな会社員経験を経て、現在は大家業と地域活動に勤…

仕事始め、「仕事力とは何か?」を考える。

「仕事ができる人」の十人十色 仕事でお世話になっている個人事業主さんとの会話。 「仕事ができる人」とは、何なのか? 組織や立場によって、「仕事ができる人」の定義は違う、と私は思う。 自分一人で仕事を完結させるスキルや自主性が、高く評価される組…

初詣は、新年の決意表明の場。

三が日、家族で初詣に出かけた。 無事に新年を迎えられたことへのお礼・報告と、「今年は●月に××します。見守っていてください」と小さな決意を伝えた。 「….…でありますように」という台詞を、口にしなくなって久しい。 いつの頃からか、初詣で願い事をしな…

治すのではなく、抱えて生きる。

2017年10月末、父の末期癌が発覚した。 段階は、ステージ4、リンパへの転移も見られるとのこと。 黄疸が出て、急遽入院。家族みな動揺し、離れて暮らす私と姉も、揃って実家に帰省した。 幸いにも、入院後、父の容態は回復。1ヶ月後に退院し、12月初旬から、…

与え上手、受け取り上手。

私の母は、受け取り上手だ。 お米、野菜、料理……親戚や友人から、ありとあらゆるおすそわけの品をいただいてくる。 「あら、悪いわねぇ。いいの〜?ありがとう」 母は、基本的には、遠慮はしない。悪いわねぇ、と一言添えつつも、ちゃっかりいただくものはい…

解放、放出、放置ーーー"放"の2017年。

2018年、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 2017年の一文字・"放"。 2018年の抱負の前に、2017年の振り返り。 北鎌倉・円覚寺の暁天座禅会で、締め括った2017年。 2017年は、"放"の1年でした。 1.過去の呪いからの解放 9年越し…

ひとりが好きな自分で生きる。

「まりちゃんは、ひとりでいるのが好きなんだよ。無理に他人とつながろうとしなくても、そのままでいいんだよ」 友人の一言に、積年の呪いから解放された。 小さい頃から、ひとりでいるのが好きだった。 裏を返せば、他人と共に過ごすこと、特に集団行動が苦…

二人組になれない私たち

作家・小野美由紀さんのワークショップ『身体を使って書くクリエイティブライティング講座』に参加。 そこで書いたフィクションを、以下に掲載します。 「それでは、二人組を作ってください」 体育や図工の授業、仕事のワークショップで、よく耳にする一言。…

書くことは、鉱脈を掘り当てること。

書くことは、人間という鉱脈を掘り当てる作業だと思う。 単に、頭の中で論理をこねくり回して、言葉を並べるのではない。 五感を研ぎ澄ませて、感じる。感じたものを、さらに深く、味わって、掘り下げていく。 掘り下げた先に、その人の光り輝くものが見える…

『うしろめたさの人類学』著者と編集者が語る、3つのうしろめたさ。

【イベント】『うしろめたさの人類学』&『ちゃぶ台Vol.3』(ミシマ社)刊行記念 松村圭一郎トークイベント 聞き手:三島邦弘「”これからの人間”にはうしろめたさが要る?」 | 代官山 T-SITEに行ってきました。 ダヴィンチや読売新聞、朝日新聞etc.メディアでも…

モヤモヤする時ほど、手を動かす。

悩みと煩悩は尽きぬもの。 仕事、お金、生活、将来、人間関係…… 悩み事がない、といったら、嘘になる。モヤモヤと考え始めたら、キリがない。 私は、何かと真面目に考えすぎて、動けなくなりがちな性格。 動けなくなる自分を自覚しているからこそ、心がけて…

会社には、お局様も必要⁈

女5人のランチミーティング。今日の昼休み、ランチミーティングを行った。 集まったメンバーは、奇しくも女5人。しかも、私以外は、入社8年超のベテラン……もとい、お局様勢揃い。 女同士の会話は、たいてい、何かしらの噂話や愚痴に発展する。 今日もまた例…

他人の力を借りる力。

「お前はもっと、他人の力を借りる力を身につけろ」 2年前、今の部署に異動して間もない頃、ひとり淡々と仕事を進める私に、上司はこう言った。 「なぜ、一人でやれる業務を、わざわざ分業する必要があるんだ?」 当時は、その発言の意図がつかめなかった。 …

黒くなったバナナを救え!救済レシピ5選。

【黒バナナ救済レシピ5選】 ①グリーンスムージー ②パンケーキ ③パウンドケーキ ④バナナブラウニー ⑤バナナスコーン スーパーや八百屋さんで、バナナが安いっ! まとめて買って、ついつい放置、気がついたら真っ黒に……そんなこと、ありませんか? 黒く熟した…

ストレスとうまく付き合う3か条。

【ストレスとうまく付き合う3か条】 ①自分のストレス源を特定する。 ②ストレスの扱い方を身につける。 ③ストレスに負けない自分をつくる。 一番やっちゃいけないことは…… ※画像はサザエさん トップページ - フジテレビより引用。 日曜日の夜ですね。「明日、…

行ってみたい!都内の個性派図書館7選。

①旅の図書館@青山一丁目②文京区立小石川図書館@茗荷谷③国際子ども図書館@上野④いたばしボローニャ子ども絵本館@板橋本町⑤松竹大谷図書館@東銀座⑥米澤嘉博記念図書館@御茶ノ水⑦大宅壮一文庫@八幡山読書の秋!……も終わりが近づき、冬の足音が聞こえてくる今日…

自分探しではなく、自分なくし。

星野源雑談集1 作者: 星野源 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2014/12/18 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (6件) を見る 雑誌『POPEYE』掲載の連載「星野源の12人の恐ろしい日本人」の書籍化。 笑福亭鶴瓶、宇多丸、西川美…

「余命1年だとわかったら、あなたは何をする?」この問いは、そもそも成立しない。

「余命1年だとわかったら、あなたは何をしますか?」 近所の本屋さんで、たまたま手に取った自己啓発本の見出しに、大きく書かれていた、1つの問い。 その後には「自分の好きなように生きなさい」「自分のやりたいことをやりなさい」と続く。 自己啓発本ある…

考えたくない時は、考えない。

「考えたくない時は、考えない方がいいんじゃない?」 寝耳に水のショッキングなニュースや、人間関係の行き違い……踏んだり蹴ったりな状況に陥った11月。 八方塞がりな私に、上司や先輩、友人が、立て続けにこう言った。 「考えたくない時に無理に考えようと…

考えを進める3つの問い。

【考えを進める3つの問い】 ①「なぜ?」 ②「それで?」 ③「本当に?」 電通のコピーライター・梅田悟司氏の著書『「言葉にできる」は武器になる』。 「言葉にできる」は武器になる。 作者: 梅田悟司 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2016/08/26…

一人暮らし・水回りをキレイに保つ3ステップ

【一人暮らし・水回りをキレイに保つ3ステップ】 ①物を置かない(特に、水気のある場所)。 ②機能別に、1ヶ所に固めて整理する。 ③使ったら、すぐ掃除! 11月半ば、年末へのカウントダウンがそろそろ始まる時期ですね。 毎年、頭を悩ませるのは、大掃除。特に…

柿の消費に困る人必見!秋の味覚・柿レシピ10選

【秋の味覚・柿レシピ10選】 ▪️サラダに ①柿とトマトのサラダ ②柿と小松菜のおひたし ③柿とほうれん草の白和え ④柿とさつまいものサラダ ▪️炊き込みご飯に ⑤柿とさつまいもの炊き込みご飯 ▪️煮込み料理に ⑥柿とミニハンバーグのトマト煮 ▪️漬ける ⑦柿酢 ⑧柿…

一人暮らし・キッチン整理の3ステップ。

【一人暮らし・キッチン整理の3ステップ】 ①考える時間を作る。 ②必要なモノ・不要なモノを見極める。 ③整理整頓のルールを決める。 一人暮らしの友人が、家に遊びに来ました。 盛り上がった会話のネタの1つは、一人暮らしの部屋づくり、特にキッチン周りの…

窮地に陥った時の、第一歩。

「現状を変えないまま、最悪から脱出しようなんて、考えが甘いよ」 月1回の整体メンテナンス、6年近くお世話になっている整体師さんのもとへ。 ここ2週間、立て続けにしんどい局面が続き、待ちに待った…!と言わんばかりに駆け込んだ整体院。 全身バッキバキ…

23歳女社長だからこそ、できること。

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) 作者: 山口絵理子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/09/22 メディア: 単行本 購入: 24人 クリック: 361回 この商品を含むブログ (152件) を見る 途上国発の鞄ブランド・マザーハウスの創業者 山口…