まりもっこり日和

映画、読書、料理、時々日常。日々の暮らしを丁寧に。

つくり手の顔が見える、という価値。

2018年1月末、高崎のREBEL BOOKSで開催された、夏葉社・島田潤一郎さんのトークイベントに足を運んだ。
1/21 『よい本を作って売る – ひとり出版社夏葉社のはなし』 – REBEL BOOKS

f:id:marimoccoli:20180301125329p:image※画像は、上記HPより拝借。

鈍行で3時間、このためだけに高崎へ。
そんな私を、人は酔狂と言うかもしれない。

まさに酔狂、私はこの夏葉社さんの本が好きだ。

 

夏葉社とは
夏葉社とは、2009年に島田潤一郎さんが吉祥寺で創業した、ひとり出版社である。
2009年の開業以来、関口良雄『昔日の客』をはじめとした昭和の名著の復刊や、本屋図鑑、かわいい夫といった気鋭の作家の作品に至るまで、派手さはないけど、心に残る、何度も読み返したくなる本づくりを続けている。

厚すぎず大きすぎない本のサイズと、読み手を圧迫しない適度な余白、飾りすぎない、作品の世界観にしっくりくるシンプルな装丁。
f:id:marimoccoli:20180301125724j:image
鞄の中に入っていると思わずうれしくなる、読み終えるのが心惜しくなる。

この本たちを、一体どんな方が作っているんだろう?
その好奇心だけで、高崎まで足を伸ばしたのだ。


「簡素で、美しい本をつくりたい」
創業の経緯、夏葉社の本作り、夏葉社のこれからについて語った後、島田さんは静かにこう話した。
島田さんの言葉は、島田さんが作る本と同様に、とてもシンプルで、それゆえに心に響くものだった。

 

お金を払って買う本と、無料で手に入る情報。

 f:id:marimoccoli:20180301130629j:image

本は、情報と等価ではない、と私は思う。
ただ、無料で洪水のように浴びる文字情報との差別化は、年々難しくなっているように感じる。

そんな時、本にお金を払う価値を見出すきっかけの一つは、つくり手との接点なのかもしれない。
つくり手にお会いすることで、好きな本の物語だけではなく、その本ができあがるまでの物語や、つくり手自身の物語を楽しむことができる。
直接の対面ならではの、その場限りの質疑応答で、本やつくり手の意外な側面を垣間見ることができる。
1冊の本を、数倍楽しむことができる。

インターネットで文字情報の洪水に晒されている今、何に価値を見出して、本にお金を払うのか?

「つくり手の顔が見えること」は、それだけでも、大きな付加価値だなぁと感じました。