まりもっこり日和

本・漫画・映画のレビューと日々のつれづれ。

「考えない」ことを「考える」?

考えないようにする、ってことは、「考えないようにする」ことを「考える」のと同じなんですよ。

ーーーー円覚寺のお坊さん

f:id:marimoccoli:20170708220146j:image

夏の北鎌倉散策、円覚寺の初心者向け坐禅会に参加。

坐禅会 | 円覚寺

「なぜ、坐禅をしようと思ったんですか?」

お坊さんの問いかけに対して、

「考えないようにしたいんですけど、あれこれ考えてしまうので…」

「最近、心がざわついていて…」

「無になりたくて…」

と口々に言う参加者に対して、お坊さんが言った一言。

 

「おぉ、とんちっぽい!リアル一休さん!」と思うも束の間、お話の続きがとても興味深い内容でした。

考えないのは無理、雑念は消えないものだ、と話した上での、以下のくだり。

大事なのは、自分の身体や心の状態が今どうなっているのか、気づくことです。「あ、今イライラしてるな」「足が痛いなぁ」と受け止めて、怒りや痛みといった、感情や感覚に振り回されないこと。そうするうちに、心が穏やかになっていくのが、感じられるようになるんですよ。

*******************

イライラしたり、お腹が空いたり、特定の感情や感覚に囚われている時ほど、怒りや空腹感にまかせて暴飲暴食に走ってしまいがち。

あるいは、逆に「怒りに振り回されないようにしなきゃ」「とりあえず走って空腹を紛らわそう」というように、気をそらそうとしてしまう。

 

しかし、いずれにせよ、心のざわつきは収まらない。形が違うだけで、怒りや空腹感に振り回されている、という事実は変わらない。

 

自分の身体や心の状態に、気づくこと。そして、ただ、それを感じること。

さまざまな人間関係や情報に翻弄されて、忙しい日々だからこそ、大切なことなのかもしれません。

f:id:marimoccoli:20170708223219j:image 

夏本番に突入!とはいっても、まだまだ紫陽花のきれいな円覚寺

北鎌倉散策ついでの坐禅会、ぜひ参加してはいかがでしょうか。

f:id:marimoccoli:20170708223425j:image

夏バテ気味な猫もお出迎えしてくれます。