まりもっこり日和

2018年3月末に退職、無職漂流記を綴ります。

モヤモヤする時ほど、手を動かす。

悩みと煩悩は尽きぬもの。

f:id:marimoccoli:20171130230618j:image仕事、お金、生活、将来、人間関係……

悩み事がない、といったら、嘘になる。モヤモヤと考え始めたら、キリがない。

私は、何かと真面目に考えすぎて、動けなくなりがちな性格。

動けなくなる自分を自覚しているからこそ、心がけていることがある。

モヤモヤする時ほど、手を動かす。

 

無心で料理の果てに…f:id:marimoccoli:20171130230939j:image

たとえば、モヤモヤと考えすぎて眠れない夜は、ひたすら常備菜を作る。

料理をしていると、無心になれる。

「れんこんを切ったら、次はにんじんを…」「かぼちゃを煮る間にもう一品作ろう」「あと一品、レンチンで何か作れるかも!」……目の前にある食材と格闘するうちに、ものの一時間で4〜5品完成、おいしそうな香りと幸せな気分に包まれる。

その幸福感の中で「あ、何とかなるかもな」と、モヤモヤがスッと晴れていることに気づく。

 

単純作業を終えた先には

f:id:marimoccoli:20171130231303j:image仕事でも、煮詰まった時は、あえて思考を止めて、手だけを動かす。

データ入力、書類のファイリング…黙々と単純作業をこなして、小さな達成感を得る。

すると、不思議なことに「何で、さっきまであんなに悩んでいたんだろう?」と、一歩引いて煮詰まっていた自分を俯瞰する視点が得られる。

自分が置かれている状況が把握できれば、次の一手はもうすでに見えている。

 

考えたところで、答えが出ない時は、出ない。

そんな時は、思考を止めて、手だけを動かしてみる。

 

モヤモヤ悩んで動けない方は、ぜひ一度、試してみる価値はあるかと思います。