まりもっこり日和

2018年3月末に退職、無職漂流記を綴ります。

朝起きて、行く場所がない。ーー無職漂流記#1

無職漂流記、はじめます。

2018年3月末、丸7年勤めた会社を退職した。

次を決めずに踏み切った退職。

無職の日々を無駄にしないよう、無職漂流記を更新します。

 

無職漂流記#1 2018年4月2日〜4月8日

【4月2日(月)】

朝6時半起床。7時15分、日課の朝ヨガと朝食を終えて、ふと気づく。

朝起きて、行く場所がない。

今日から有休消化スタート、会社に行く必要はないのだ。

少なからず、私はその事実に動揺した。

在職中に思い描いていたのとは違う形で、無職の日々はスタートを切った。

 

【4月3日(火)】

朝6時20分起床。昨晩は、0時45分就寝。丸7年の会社員生活で培われた体内時計は、職を離れてもなお、正確に時を刻んでいる。

午前中に、銀行や役所を終え、12時から昼休み。12時半から20分昼寝をして、ライターの仕事の取材の準備。どこまでも規則正しい時間割通りに動いている。

 

【4月4日(水)】

朝6時20分起床。午前中に、友人に依頼したインタビュー練習の原稿を書き、午後は、ライターの仕事の取材で都内へ。夜は、会社員の友人と新橋で飲む。会社員とたいして変わらぬスケジュールで動いた1日。

 

【4月5日(木)】

週の半ばで疲れが出たのか、朝の目覚めは8時半。前倒しの土曜日のような感触の1日。定期券の期限は本日まで、買い出しやら手続きやらに出かけなければ!と思うも、身体の声に耳を傾けて断念。午前中はゆっくり休み、午後は取材のテープ起こし、夜は行きつけの整体院まで1時間半かけて行く。

 

【4月6日(金)】

朝6時半起床。午前中は、フリーランスで働く友人と打ち合わせ。WEBメディアを立ち上げるとのこと。仕事ではなく、遊び心で文章を書きたいと思っていた矢先の話、参画を決める。

運動も兼ねて、自転車で2時間かけて出かけたが、夕方の帰り際に雨に降られる。

 

【4月7日(金)】

朝6時半起床。午前中は、友人とモーニングを食べに、渋谷のVIRONまで。

f:id:marimoccoli:20180505143639j:image

午後は、三軒茶屋の行きつけの美容院へ。伸ばしていた髪をバッサリ切る。

退職後は、今の住まいを離れる。在職中の決意を思い出し、ようやく準備に取りかかる。

 

【4月8日(日)】

朝6時半起床。荷作り、読書、掃除の1日。夜は友人と外食。折しもその友人も退職を決め、独立に向けて準備するとのこと。友人の門出を祝う。