まりもっこり日和

本・漫画・映画のレビューと日々のつれづれ。

続けるために、◯◯◯をうまく使いこなそう

f:id:marimoccoli:20170621003552j:image

小林せかい『やりたいことがある人は未来食堂に来てください』祥伝社, 2017年 刊行記念

未来食堂店主・小林せかいさんと、ライフネット生命保険会長・出口浩明さんのトークイベントにて。

 

やりたいことを続けるために、大切なことは何か?

「人間の脳はポンコツだから、ツールをうまく使いこなそう」と、小林せかいさんは話す。

 

未来食堂の厨房には、タイマーが6つ設置されているという。

1〜2つでは、再度セットし直す手間が生じる。

その作業を記憶せねばならぬ状況だと、作業スピードや効率が落ちる。

本当に必要な業務に集中するために、その他の優先順位の低い作業を忘れるために、小林さんは、タイマーというツールをうまく使いこなしている。

 

ツールの力を借りることについては、出口さんも同意する。

秘書が管理するご自身のスケジュールを、いちいち覚えていられないほど、多忙な毎日を送る出口さん。

翌日のスケジュールをまとめた「指示書」を秘書から受け取る仕組みを作り、部屋の壁に貼っているという。

指示書のおかげで「今日は天気が悪いから、もうちょっと寝ていたい…」という誘惑に勝ち、「今日は朝一アポやから、行かなあかんな」と、スイッチが入るそう。

 

自分の能力を過信しない。

本当に必要なものに力を注ぐために、ツールの力を借りる。

 

タスクを洗い出し、自分が本腰を入れて取り組むべきは何なのか。

ツールや他人の力を借りられる部分はないか。

やりたいことを続ける時だけでなく、日々の仕事や家事etc.にも活かせる知恵だなぁと感じました。

 

やりたいことをやるためだけでなく、日常にすぐ活かせるコツが詰まった小林せかいさんの本。

簡潔でわかりやすい、オススメのビジネス本です。

ご興味のある方は、お手にとってみては。