まりもっこり日和

本・漫画・映画のレビューと日々のつれづれ。

「ちゃんと好き」かはわからない。でも、だからこそ、

f:id:marimoccoli:20170628004030j:image

 映画『サッドティー』公式サイト

キネカ大森で上映中。今泉力哉監督特集・名画座2本立て。

 

「ちゃんと好き」って、どういうこと?

脚本の書けない二股男な映画監督、浮気を容認する本彼女、自分の方が浮気相手であることを認めたくないセカンド女、元アイドルを一途に追いかける男、婚約相手からのDVを愛情の証と思い込んで耐える女、彼女がいながらアパレル店員に一目惚れする男、本命は別にいる彼氏持ちの女…

さまざまな恋愛模様を通して、「ちゃんと好き」って、どういうこと?を描いた映画です。

 

この映画に出てくる人々はみな、真剣に、迷っている。

バカがつくほど正直に、体当たりで「ちゃんと好き」ってどういうこと?に向き合っていく。

その姿が、みっともなく滑稽で、でもどこか愛おしくて、笑えてしまう。

 

 「ちゃんと好き」かどうかなんて、わからない。

でも、だからこそ、惹かれ合う。

でも、だからこそ、止められない。

でも、だからこそ、面白い。

 

恋愛に、正しいも間違いもない。

「お前が言うな!www」とツッコミどころな満載な映画の中の一場面。

でも、実際そうかもしれないなぁ。

そんな風に思わせてくれる映画でした。