まりもっこり日和

本・漫画・映画のレビューと日々のつれづれ。

車道は社会の縮図。〜車道と社会の3つの共通点

【車道と社会の3つの共通点】

①個人のスキルや特性の違い

②違いを踏まえた上での配置と気遣い

③流れに乗れるか否かがキモ

 f:id:marimoccoli:20170815204953j:image

ペーパードライバーを卒業して、早1ヶ月。

初心者マークに守られながら、運転して思うこと。

車道は、社会の縮図だなぁ。

運転に慣れないドライバーから見た、車道と社会の3つの共通点をご紹介します。

 

①個人のスキルや特性の違い

f:id:marimoccoli:20170815203618j:image

おそるおそる車道に出て、まず思うこと。

車道には、いろんなドライバーがいる。

スピードを出す人・出さない人、急ブレーキをかける人、ハンドルさばきが豪快な人、ウィンカーを出すのが早い人、何につけても慎重な人…

ドライバーと一口に言っても、各々の運転スキルや癖は十人十色。

言わずもがな、社会に住まう人々も、十人十色。怒りっぽい人・温厚な人、せっかちな人・のんびりな人etc. 社会にはいろんな人たちがいる。

「車道も、社会と同じだなぁ」と、運転席から車道を眺めて、しみじみ思います。

 

②違いを踏まえた上での配置と気遣い

f:id:marimoccoli:20170815205312g:image

※画像は交差点での右折の仕方*車を知る~車の知識より引用。

十人十色なドライバーがひしめき合う車道。

渋滞や事故を起こさぬよう、さまざまな配置の工夫や気遣いが存在します。

  • 走行車線と追い越し車線の区別
  • 右折時の対向車への合図
  • 高速道路の合流車線に入る時、細い路地を抜けて大通りに合流する時etc.のドライバー同士の譲り合い     …etc.

車線の区別に見る、スキルの違いによる配置の工夫は、社会にも見られる。

例えば、会社。数字への執着が強く、社交的かつ行動力のあるタイプは、営業職に配属され、 データ入力を正確かつ迅速に処理できるタイプは、経理職に配属される。個人の適性に合った人員配置がなされることが多い。

また、車道でのドライバー同士の譲り合いetc.の気遣いも、日々の生活に同じ。時に譲り合い、時に互いに欠けてる部分を補い合い、日々の生活を営んでいる。

初心者マークをつけて走行車線を走り、車線変更して追い越していく後続車両を見送りながら「車道も社会と同じだなぁ」とはっと気付かされるのです。

 

③流れに乗れるか否かがキモ

最後に、厳しくも確かにある現実。車道も、社会も、流れに乗れるか否かがキモ。

 f:id:marimoccoli:20170815212020j:image

ペーパードライバーが運転を恐れるのは、他の車と同じようにスピードを出したり、ブレーキを踏む・踏まないの判断をしたりすることができないから。つまり、車道の流れに乗れていない。

入社したばかりの新入社員が、仕事にもたついたりストレスを抱えて疲弊するのは、社内ルールや業務のオペレーション、人間関係の派閥etc.を把握しきれていないから。つまり、「会社」という組織の流れに乗れていない。

目に見えなくとも、明確に言語化できなくとも、その場に確実に存在する流れを掴み、流れに乗ること。

車道でも、社会でも、この重要性は、変わらない。

時速40km弱しか出さず、イライラした様子を見せる後続車をバックミラーに見て、あわあわする自分に「あ、これ、入社1年目の時と同じだわ…」と、新卒当時の自分を重ね合わせます。

 

さいごにーー”車道は社会の縮図”思考のすゝめ。

お盆休みも、後半戦。祭りのあと、避けられないのは、帰り道の渋滞。

f:id:marimoccoli:20170815213806j:image

「早く帰りたいのに…」「何であの車、割り込んでくるのよ」「あーもう前の車、ちんたらしてんじゃないよ、後ろ詰まってんじゃん」

渋滞にイライラ、げんなりする時こそ、”車道は、社会の縮図”思考がオススメ。

「あーもう前の車、運転下手!まぁ、仕事できん人、職場にもいるよなぁ。まぁ、そんなもんか。仕方ない…」

そう思うことで、少し楽に、そして少し優しくなれる気がします。