まりもっこり日和

2018年3月末に退職、無職漂流記を綴ります。

仕事始め、「仕事力とは何か?」を考える。

「仕事ができる人」の十人十色

仕事でお世話になっている個人事業主さんとの会話。

「仕事ができる人」とは、何なのか?

f:id:marimoccoli:20180106081559j:image

組織や立場によって、「仕事ができる人」の定義は違う、と私は思う。

自分一人で仕事を完結させるスキルや自主性が、高く評価される組織もある。

チームで人を動かす、人を巻き込む力を持つ人が、より高く評価される組織もある。

一方で、役員に気に入られる社内営業力さえあれば、出世できる組織もある。その場合、ただ決められた事を決められた通りにやればいいから、特段思考力や独創性は必要とされないし、むしろ出る杭は打たれることになる。

 

いずれにせよ、必要なのは、結果を出す力。

そして、その「結果力」たる総合的な仕事力は、下記の要素から構成されるのでは?と考えた。

 

【「仕事力」の構成要素】

  • スキル
  • 思考力
  • 継続性
  • 自主性(工夫・情報整理・自分で学べる力)
  • 主体性(自分以外の事を、自分事として捉えて実行する力
  • 行動力(体力含む)
  • 人を動かす力
  • 発想の柔軟性
  • 協調性
  • 独創性

 

「仕事ができるようになりたい」まずは、自分の凹凸の把握から

仕事ができるようになりたい。

これは、入社以来の私の願いだ。そして、少なからず、この願いを持つ人はいるのではないか、と思う。

しかし、全ての要素を完璧にクリアするのは、おそらく難しい。

自分の凹凸と、その掛け合わせで推定される総合的な結果力を把握することが、第一歩なのではないか?

仕事始め、ふとそんなことを考えた。

 

 

 

余談1:

「結果力と、稼ぐ力は、別の次元」

 フリーランス個人事業主の方は、結果力を前提として、「稼ぐ」問題と向き合っている。

ここでは扱わないけど、稼ぐ力とは何ぞや?もまた、今後向き合う課題。

 

余談2:

以上、偉そうに書いたけど、これは自戒を込めたものでもある。下記は、その方にいただいた、私の仕事力評価。

*総合的な結果力→2〜3

  • スキル→4
  • 思考力→5
  • 継続性→4
  • 自主性→3〜4
  • 主体性→2
  • 行動力(体力含む)→3〜4
  • 人を動かす力→1
  • 発想の柔軟性→2〜3
  • 協調性→2
  • 独創性→1

総評はこちら。

「独創性、人を動かす力は、気にしなくていい。できる人に任せて、無理にやろうとする必要はない。伸ばすべきは、協調性。他人に対するマメさや粘り強さ。「●●さんの頼みだから、仕方ない、やるか!」と相手に思わせる力、つけた方がいいよ」

……。

…………。

的確すぎて、ぐうの音も出ないorz

他人事を自分事として捉え、実行する主体性と、他人と役割分担して進める、他人の力を気持ちよく借りる協調性。

今年は、この2つを意識して、 取り組んでいこう。